個人的妄想倉庫×運命準備委員会
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「あいしてる」の「い」
2007年03月02日 (金) | 編集 |
***
 終わりに思いを馳せた。
 どこを終わりとも決めずに。
 そんなことを考えたのは、きっと夢見が悪かったせいだ、と、密月は結論付ける。それ以外に考えられない。
 眠れぬ夜が続いた後の日曜、ここぞとばかりに寝過ごしたのがいけなかったのだろうか。
 ――悪い夢を、見た。

 殺される、夢。

 何度も何度も繰り返したはずの死は、しかし、いつも“似た”結末を迎える。
 体が軋むのにはもう慣れた。
 慣れた、とは云え、苦しくない訳ではない。
 心が軋むのにも、もう慣れた。
 慣れたとは云え――それは、苦く苦しい。

 そんなことを、もう何回繰り返したのだろう。

 始まりはどこだったのだろう。

 そんなことを思う。
 裏切りの向こうには信頼があった。憎しみの向こうには愛情が、確かにあったはずなのに。

 どこで、あなたの。

 ――“私”の愛は――終わった、の?

 どこを終わりとも決められずに、問いだけを残して。密月は、重い瞼を閉じ――再び、浅い眠りに落ちた。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。